姉はヤンママ授乳中in熱海 第4話 ネタバレ 湯上がり姿に欲情

更新日:

姉はヤンママ授乳中in熱海848

\まずはコチラをチェック/

姉はヤンママ授乳中in実家~熱海編
無料立ち読みはコチラ

 

「姉貴ぃ!…」

タクヤは、授乳後のおっぱいに即吸い付いた。

「ほ〜んと、好きだよね…お姉ちゃんのおっぱい…」

おっぱいに吸い付いてもう勃○してきた。

「ああ…姉貴…石鹸のイイ匂い…」

ーアンッ…はっ…はっ…ー

「また夢中かよ!」

姉貴の湯上りお尻がスベスベして気持ちいいので、火照っているお尻にチ○ポをすりすりさせる。

「もう〜早く挿れちゃってよ…」

「ダイキたち、いつ帰って来るか…」

姉貴は、いつまでも授乳後のおっぱいに吸い付いているタクヤを急かす。

姉はヤンママ授乳中40


「んぐっ…んぐっ」

おっぱいに吸い付いたままのたくやは、ヤってほしい事を手招きでで伝えてきた。

「手でしてほしいって?…ヘン○イなんだから…」

「これでいい?シコシコ…」

「!!」

手コキされて擦られる度に気持ち良くてチ○ポがビクビクする。

「こんな贅沢な手コキ、温泉旅行じゃないと出来ないかもね〜」

タクヤはさらに激しくおっぱいに吸い付く。

たまご肌で柔らかい姉貴のお尻ににチ○ポが沈み込んでいく。

「あたしの手とお尻はオ○ホじゃない!」

手コキしている姉貴の手に伝わってきたチ○ポのビクつき。

このまま射○する気だと察知した姉貴。

「や…ちょっとまー!」

ー射○しながら…姉貴の母乳一気飲み!ー

お尻の上にまともに射○されてしまう。

姉はヤンママ授乳中41

「せっかく温泉入ったのに…」

「ご…ごめん…」

姉貴はもう一度温泉に行こうとするが…

「えっ?一緒に混浴…」

しかし結局…

この後ダイキたちが帰ってきて混浴はお預けになる。

旅館の夕食後、姉貴は息子たちを寝せるために奥の部屋へ向かった。

「ダメ…我慢して…」

息子を寝かしつけている姉貴の足元から潜り込んできたタクヤ。

「あん、吸うなってばもうっ!」

布団の中で姉貴のおっぱいに吸い付きマ○コにも手を伸ばしてきた。

「タク…それだめ…」

おっぱいを飲みながらマ○コをぐちゃぐちゃに弄くり回す。

「信じられない…挿れちゃうなんて…」

「このぉ…タクのくせにぃ…」

すぐ隣の部屋にいる家族たちにバレないよう手で口を押さえる姉貴。

「ねーちゃん…」

そして深夜になり…

姉はヤンママ授乳中27

家族が寝ているすぐ隣で夜明けまで…

 

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中
in実家~熱海編

 

姉はヤンママ授乳中in熱海 第4話 感想

弟が授乳中!?と思わせられるほど、姉のおっぱいを吸い続けるシーンが多く描かれています。

おっぱいに吸い付きながら手コキしてもらったり、おっぱいに吸い付きながらマ○コを弄ったりする

エッチなシーンには興奮しまくり。

家族が隣の部屋で起きているにも関わらず、布団の中という狭い空間のセッ○スシーンはたまらない。

寝ている家族の隣で懲りずにまた始まる姉と弟のエッチな展開が楽しみです。

姉はヤンママ授乳中23

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中
in実家~熱海編

 

>>姉はヤンママ授乳中in実家Topに戻る

 

>>姉はヤンママ授乳中in実家Topに戻る

 

-姉はヤンママ

Copyright© 姉はヤンママ授乳中in実家・熱海@ネタバレとエロ画像。一気読み注意! , 2018 All Rights Reserved.