姉はヤンママ授乳中in実家 4話ネタバレ 「パパ以外にイかされちゃうママを許して」

更新日:

ヤンママ4

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家

「なに勝手に下ろしてんだよ!!」

「ふぇえ…」

ベビーベッドに横たわっているユースケは授乳後まだ寝ていなかった。

「ユースケが…ちょっと待っててば!」

「じゃあ、そっち見てていいから…」

拓也はユースケが目の前にるにも関わらずヤりたい一心しかない。

「穴だけ、使わせて!」

もはや、即挿れたくて仕方ない拓也。

「ハァ!?」

姉はユースケが見ている前で挿れることを止めようとするが…

ズプッ…ズプッ…

ー…ウソ…マジで挿れやがった…ー

息子の前で立ちバックで挿れられた弟チ○ポ。

拓也は気持ち良すぎる姉貴のマ○コに凄さを実感する。

「こんなマ○コと暮らしてたら我慢できるわけねえ…」

ー…くそぉ…コイツのチ○ポもイイ…ー

相性の良い弟チ○ポで奥まで突かれた姉は気持ちが良くて声が漏れ始める。

「挿れる前から、濡れまくりじゃん…」

徐々に腰の振りは激しくなっていった。

「すぐ済ませるから…」

激しい腰振りで姉が掴まっているベビーベッドが揺れてしまい…

「こんなの…絶対感じちゃう…」

ーああッ…ー

「よしよし…ユースケ…」

感じていても目の前にいるユースケをあやすしかない姉。

ーヤバイ…ー

姉は子宮口を擦る弟チ○ポに夢中になる。

そして、精○が出そうになってきた弟とイキそうになってきた姉。

「中で出すよ!!」

 

ヤンママ4

 

「あっ、コラッ…ああッ…ああッ!!…」

姉は心の中でユースケに叫ぶ。

ー見ないでユースケ…ー

「ごめんね、よしよし…」

旦那ではない、弟チ○ポに中出しされてイってしまった所をユースケの目の前でヤってしまったことに申し訳ない気持ちがありながらも、やっぱり弟チ○ポは良かった。

ーくせになりそう…ー

そして…

「ゴム付けてよね…次・か・ら・は…」

姉の意外な言葉に拓也は驚いた。

「次から…って…」

旦那には絶対秘密だと約束させる姉。

家族が半日家をあけている今日は、人目を気にする必要が無いため思いっきりセッ○スを楽しんだ。

「奥まで来てるうぅ〜…」

「あねきッ…」

「ふえ〜…ふえ〜…」

そんな中、授乳時間になりユースケが泣き始める。

セッ○スを中断し、パンツは履かないまま授乳を始めた。

「ユースケ、おなかすいたねえ〜…」

授乳が終わり…

「コラ!アンタまだ飲んでんの?」

授乳を終えた姉のおっぱいに吸い付く拓也はまたセッ○スがしたくなる。

「姉貴〜そろそろイイだろ〜?」

「その前に和室の布団片付けしとかないと…」

そろそろ帰って来る母親に騒がれる前に拓也にも手伝わせる。

和室に行った二人は…

布団の上でまたセッ○スが始まる。

「すごッ…激しッ…」

「アタシ…また…イっちゃうぅ…」

今日は数え切れないほどイった…

「姉貴のマ○コが良すぎて…」

そんなセッ○スしている最中…

「かーちゃん〜ただいまぁ〜」

「あら?二人は?」

家族は予想外に早く帰って来たと思ったが、セッ○スしまくっていた分、時間が経過していたのだ。

「ええーもうこんな時間!」

「早く!襖閉めて!」

その後、家族には布団の片付けをしていたということで何とか誤魔化した。

翌日また…

ユースケの代わりに授乳する弟はついでにチ○ポも手コキしてもらって…

 

ヤンママ4

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家

 

姉はヤンママ授乳中in実家 4話ネタバレ 「パパ以外にイかされちゃうママを許して」 感想

 

ユースケがいるベビーベッドの柵に摑まりながらヤる姉弟のセッ○スには興奮します。

セッ○スの合間に授乳しなくてはならなかったり常にユースケの側でセッ○スしていた4話。

もう完全に弟チ○ポがクセになってしまっている姉の感じ方がエロい。

どんどん激しくなっていく姉弟のセッ○スシーンが楽しみです。

 

ヤンママ4

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家

 

>>姉はヤンママ授乳中in実家Topに戻る

 

-姉はヤンママ

Copyright© 姉はヤンママ授乳中in実家・熱海@ネタバレとエロ画像。一気読み注意! , 2018 All Rights Reserved.